スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子が言うには

「もう新しく過去問をやらなくていいって、塾の先生が言ってたからやらないよ」と息子が言うのだった。
一応、受験する学校の過去問はやっているし、復習もできているはずだから、ま、いいかと思っていたのだけれど。
「じゃあ、今日は何をしようかな」というので、
今までやった過去問で間違ったところをもう一度といたらいいと言った。
それでしばらくやっていたのだけれど
「あれ、これまだやってないや。忘れたのかなあ」という過去問が出てきた。それは第一志望校平成十三年の算数。
「やっておきなよ」と私が言うのに
「塾の先生がもうやってはダメだって言うからやらない。ぜったいにやったらだめだって」
「そんなことないよ。やっておきなよ」
「おかーさんはそう言うけどねーー、塾の先生はダメだって言うのだから」
と息子は譲らないのよね。
まーねー、いいよいいよ、あーたが信頼しているのは塾の先生だからね、と母がひいたのだった。
やったっていいのにな・・・・
それより、忘れているなよーー、第一志望校なのにさ・・・・

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。