スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ受験生

きのうは模試だったのだ。これで来月から残るところあとたった3回しかなくなってしまった。
きのうの会場は、息子が受験する予定の中学だった。私は結局、友人と一緒についていき、子ども達が試験をうけている間は、保護者ようの会場で、塾の講師からのお話やら、会場を提供してくれた学校の副校長の話などを聞いた。ついでに願書ももらった。いやいや、今月は願書を貰うために学校説明会に行こうと思っていたところだったので、ラッキーであった。だって、もう何度も説明は聞いているんだもん!

塾の講師のお話がよかった。同じ塾だけれど大手なので全国に教室がある。私は息子がおせわになっている教室の塾長も好きだが、今回お話をされた他の教室の塾長のお話もとってもいいもので、感動したのだった。
学校の先生にしても、住職さんにしても、塾の講師にしても、ほんとお話のプロである。塾長のお話は、保護者の不安をたくみに掴んだ、笑えるものだった。
「お子さんと保護者のみなさんの時間の流れって違うでしょ。あと四ヶ月よって、おかあさまがたは思っているけれど、子どもたちのあと四ヶ月って保護者のあと一年四ヶ月くらいの感覚なんですよね」
ふむふむ、と頷く保護者があっちでもこっちでも。
「ただね、あの子たち、受験をしない学校の友達の誘いをどれだけ断っているかと、思ったことがありますか?」
そこで、私はおや、と思ったのだった。
「おい、今日放課後一緒に遊ぼうぜ、今週の土曜日、一緒に野球しようぜ。こんな誘いがたくさんあるはずです。そのときにお子さんたちは、いや、その日はちょっと・・・いや、その日もちょっと・・・って、断っているんです。そして、今日、今、となりの会場で、一生懸命問題を解いているんです・・・・がんばっていない受験生なんて一人もいない。みんながんばっているんです。だから、ぜんぜんがんばらない!とか、それでも受験生なの!なんて言うのは、やめてくださいね」

私は心がじいんとし、鼻の奥がツーンとし、涙が出てしまった。
断っている誰かの姿が、息子に重なり、一緒に受験するクラスの友達に重なり、その日初めてあった息子の塾の友達の姿に重なった。
そうよ、がんばっていない受験生など、一人もいない。

がんばれ、受験生たち。あと少しだよ。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。