スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国語の宿題

毎日塾から出る国語の宿題で、息子は四苦八苦しているのだった。
それは1つの文章を、100字とか200字に要約する、というもの。
息子は国語が苦手なのね。
語彙が少ないっていうのもあるけれど、読み込みがとっても不安なの。
いくら漢字や四字熟語やっても(いや、それだって大切だけれど)、
読解力を問われる問題がとけないと、かなり厳しいでしょ。
なので、この宿題はとってもありがたいのであった。

息子は真面目な一面を持つので、宿題はやる。
ひーひー言っているけれど、とにかく、やるのだった。

ふうんと、後ろから覗き込んだりはするけれど
息子が自分でやるしかないから、見守る。

見守るって、子どもの成長にとって大事だけれど、難しいことでもあるね。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。