スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校の宿題

あああっ、うざっ! なんでこんなのやらないとだめなの?
と、息子がかりかりしているのだった。
学校の宿題である。
この夏休みは、学校の宿題もしっかり出ている。きちんとした先生なので、それはありがたいことなのだった。
けれど、1日の10時間を塾ですごし、家庭学習はマックスで3時間しかとれない状態の息子。その3時間も、塾から出る宿題をこなすので精一杯なのだった。
それに加えて学校の宿題である。

学校の宿題だってだいじだよ~、基本練習だと思ってやんなよ。
と、私は言うけれど、
たしかに、算数の計算なんかを見れば
分数、少数が交じった四則混合の計算を基本問題としてやっている塾にくらべて
学校の宿題には、2桁割る1桁の割り算なんかが出てきちゃうから、
「なんでこんなのを」と言ってしまう息子の気持ちは、内心わかるのであった。

ただ、親までいっしょになって
学校のってね~~
なーんて言うと、
学校をなめてかかる、小生意気にガキンチョになってしまいそうなので、
ぜったいに言わないけれど。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。